カラコンを購入する前には眼科を受診

2014年11月2日 at 12:57 AM

カラコンを安全に使用するために、購入前に眼科を受診しましょう。

カラコンは高度管理医療機器に指定されています。これは管理に適切な処置が必要ということを意味しています。

通販や量販店では扱い方に不安がありますが、眼科なら医療機器の取り扱いの知識がしっかりあるので安全です。

目に傷があるのを知らずにカラコンを使い続けると、傷がひどくなって視力の低下の恐れがあります。違和感がなくても傷がついていることがあります。眼科を受診しなければわかりません。

購入前だけでなく、購入後も定期的に眼科で目のチェックをしてもらうと視力の低下を抑えて安全に使用できます。

カラコン使用中に痛みが出たら注意が必要です。傷ができている可能性があります。

雑菌が繁殖して、ひどい場合は失明の恐れがあります。早めの受診が大切です。痛いと思ったらすぐに外して目を休ませましょう。

カラコンにはカーブがあります。カラコンのカーブと目のカーブが合っていないとつけたときに違和感を感じます。

また、カーブが合わないものはつけているときに取れてしまう可能性もあります。カーブを眼科で調べてもらい、それにあったカラコンをつければ着け心地がよいです。

面倒でも眼科を受診することで安全に快適にカラコンを使用できますよ。