白崎裕子さんのレシピがすごい。みんなが美味しいと言えるベジタリアン

2017年5月19日 at 9:00 PM

にっぽんのパンと畑のスープ、という本を読んでいます。

レシピ本なので読むという表現はちょっと変かな?パラパラとめくって眺めています。白崎裕子さんという人の本で、いろんなパン(天然酵母で焼くタイプ)とスープ、パンによく合うスプレッドなどのレシピがのってます。この白崎裕子さんという人、すごい人らしいです。

白砂糖・動物性食品を使わないでもおいしい独自のレシピをたくさん開発し、開催する料理教室は申し込んでもなかなか予約がとれない人気ぶりだとか。だいぶ前ですけどNHKの料理番組にも出てました。本もかなり出しています。オーガニック志向、健康的、ややベジタリアン(たまーに動物性食品を使ったレシピもあります)なのに、誰が食べても「うまい!」と言えるレシピなんですよね。

そりゃ人気でるわーと納得です。ただ、マクロビアンとかではないので、レシピの中には結構多量のメープルシロップや植物性オイルを使った物もあります。

だからこそ誰が食べても美味しいなぁと感じられる味なんですけどね。マクロビアンとかベジタリアンの家庭の中には、妻がマクロビ系だけど、夫は肉もこってり味も大好き、というパターンがよくあるように思います。そういう夫婦でも、双方が美味しいねと満足できるレシピは貴重ですね。